マンション買取下へダウン
ホーム > ロゴタイプ > ロゴタイプについて

ロゴタイプについて

勉強をしました。印刷での再現性を考慮すると、複雑な形や色の使いかたはなるべくさけたほうがいいでしょう。ロゴタイプ・キャラクターをそれぞれ単独で使用する形を基本形として用意しておけば、どのような媒体にも対応することができます。商業デザインにおいては、デザインイメージの統一およびデザイン作業の効率化はとてもたいせつなことです。これらの組み合わせをデザインしていく手順としては、まずロゴタイプとキャラクターのサイズをかえたコピーを数種類用意します。次に、少し大きめの台紙に1・2・3の組み合わせをもとに、コピー用紙を使って、構成案を作成していきます。いくつかの構成案ができあがったら、それらの作品を壁に貼ったり、床に置いたりしながら見る位置や距離をかえて、構成の確認をしましょう。この確認の作業は、必ず複数の人を交えて行い、さまざまな意見を構成案に反映するようにしましょう。次に、ロゴタイプ・キャラクターに色をつけ、シンボル・カラーを決定しましょう。色彩は、ロゴタイプの形やキャラクターのイメージと同様に、見る人につよい訴求力をもちます。サッカーのようなスポーツのクラブでは、彩度の高い色を基本色として選択するのがいいそうです。

失敗しない転職方法